溶融亜鉛めっきの概要

溶融亜鉛めっきとは?

 鉄は、鉄鋼製品として、現代社会を支えております。しかし、鉄は酸化され
”さびる”という欠点がある為、長期耐久性を必要とする鉄鋼製品の表面を他の
金属や合金の薄膜層で保護する必要があります。溶融亜鉛めっきは、溶融亜鉛に
より、鉄鋼製品の表面に薄膜層を形成し、”さび”から鉄鋼製品を保護する方法と
して広く採用されています。

経済的な防錆方法です

 溶融亜鉛めっきは、特殊な場合を除き、長期にわたりメンテナンスフリーで
”さび”から鉄鋼製品を保護します。

耐食性に優れています

 溶融亜鉛めっきによる表面皮膜は、緻密な保護膜のため大気中、淡水中、海水
中、土壌中、コンクリート中の鉄鋼製品を”さび”から守る働きをします。

密着性が良い

 溶融亜鉛めっきは、鉄鋼製品の素地と溶融亜鉛の拡散反応により通常の取り扱
いでの衝撃では、剥離することはありません。また、皮膜に”キズ”が生じた場合
でも犠牲防食作用により鉄の腐食を抑制するはたらきがあります。